オリックス・吉田正 “天敵”多和田から勝ち越し16号ソロ

[ 2019年7月20日 19:06 ]

パ・リーグ   西武―オリックス ( 2019年7月20日    メットライフD )

<西・オ>6回無死、勝ち越しソロ本塁打を放つ吉田正(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 1―1と同点の6回に、オリックスの吉田正が貴重な勝ち越し弾を放った。

 6回の先頭で、1ボールからの2球目、多和田の128キロチェンジアップをバックスクリーンに放り込む16号ソロ。7月9日の楽天戦以来、6試合ぶりの一発で、昨季から7連敗中というチームの天敵多和田から、リードを奪い、「甘いところに入ってきたボールを、しっかりと自分のスイングで打つことができました」と話した。この回、若月にも適時打が生まれて、2点差となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース