【北北海道】令和初の甲子園一番切符は?旭川大高VSクラーク 20日に順延

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 北北海道大会決勝   旭川大高―クラーク ( 2019年7月20日 )

<旭川大高・クラーク>北北海道大会の決勝は雨で順延となった
Photo By スポニチ

 北北海道大会決勝「旭川大高―クラーク」は、午後1時の試合開始直前からの雨で40分ほど待った末に順延決定。令和初の甲子園への一番切符を懸けた戦いは、20日に仕切り直しとなった。

 夏V2に挑む旭川大高のエース能登は「雨の中は苦手でないのでやりたかったが、調整がもう一回できる」と落ち着いた表情。2年連続の決勝対決となるが、クラークの小武主将は「クラークらしく楽しくやるだけ」とリベンジを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース