DeNA平良、自己最多8Kで2勝目 中日キラーだ7戦負けなし

[ 2019年7月20日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―2中日 ( 2019年7月19日    横浜 )

DeNA先発の平良(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・平良が6回を散発3安打で無失点。自己最多タイの8三振を奪う力投で中日の連勝を止めた。力のある直球にスライダー、シンカーも切れ味満点で「両サイドにしっかり投げ分けることができた」。これで中日戦は7戦3勝負けなしだ。

 球宴休み期間中には1泊2日で沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の実家に里帰り。小学校からの友人宅でバーベキューを楽しみ「後半戦も頑張ろう、と地元で元気をもらった」。リフレッシュして英気を養い約1カ月ぶりの今季2勝目。チームも再び単独2位となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース