大谷 3の0で3割キープならず チームは“あわや”完全試合の零封負けで3連敗

[ 2019年7月20日 14:15 ]

ア・リーグ   エンゼルス0―10マリナーズ ( 2019年7月19日    シアトル )

<エンゼルス・マリナーズ>初回、中飛びに終わった大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が19日(日本時間20日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりに先発出場。3打数無安打1三振で打率は.297となった。チームは0―10で大敗を喫した。

 初回の第1打席、2死走者なしで相手先発右腕・リークと対戦し、中飛。第2打席の4回も2死走者なしで迎え、カウント1-2からの4球目、外角低めのカッターに手が出ず、見逃し三振だった。7回、2死走者なしで打席に入った第3打席はカッターを打たされ一ゴロに終わった。

 チームはマ軍先発・リークに8回までパーフェクト投球を許し、投手陣も計10失点と完敗。3連敗で貯金は1となった。

 大谷はリークに対し試合前までは、通算13打数6安打1本塁打2打点と得意としていたが完全に抑え込まれた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース