【大阪】太成学院、逆転で4回戦へ!「物おじしない子」2年生・小川が千金二塁打

[ 2019年7月20日 16:35 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会3回戦   太成学院3―2星翔 ( 2019年7月20日    万博 )

<太成学院大高・星翔>5回2死一、二塁、太成学院大高・小川が逆転の中前三塁打を放つ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 巨人の左腕・今村の母校・太成学院がワンチャンスを生かして、逆転に成功した。5回、相手失策で1点差とすると、2死二、三塁から2年生の5番・小川が中堅への2点二塁打を放った。

 仲辻監督は「調子が良くなかったので、センター返しを指示した。物おじしない子が、勝負どころでよく打ってくれた」と目を細めた。

 「後ろにつなぐつもりで監督のアドバイス通りに打てた。1日でも長く先輩たちと一緒に野球がやりたい」と小川。今村のときも4回戦敗退だっただけに、次戦がひとつの壁。仲辻監督は「何があるか分からないのが夏。一戦一戦でやっていきたい」と21日の桜塚戦をにらんでいた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース