【千葉】習志野快勝 初先発・杉山が5回1失点 指揮官ハッパに応えた

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会4回戦   習志野6―1船橋 ( 2019年7月19日    ゼットエー )

<習志野・船橋>好投した習志野・杉山
Photo By スポニチ

 習志野(千葉)は今大会初先発の右腕・杉山が5回3安打1失点で役割を果たした。小林徹監督は「立ち上がりもう少しバタつくと思ったが、ストライク先行でよく投げた。(杉山は)昭和の感じ。格好つけずに、今日みたいに首振って頭振って投げるのが彼のらしさ」と称えた。

 昨秋のブロック予選でも同じ県船橋戦で杉山が先発して好投。監督に「成長した相手に、自分自身の成長も見せてこい」とハッパを掛けられ、それを実践した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース