6連敗中の矢野阪神 高山の適時打で先制に成功 大山の二塁打が起点

[ 2019年7月20日 18:32 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年7月20日    甲子園 )

<神・ヤ>2回1死三塁、高山は先制の中前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 6連敗中の阪神が2回に幸先良く先制した。

 先頭の4番大山が左翼線を破る二塁打でチャンスを作ると、続く原口はニゴロで1死三塁。先制機で打席に向かった高山が、2ストライク1ボールから、ヤクルト先発・小川が投じた落ちる変化球を巧く捉えて遊撃の右を破った。3試合連続で6番起用された高山が、中前適時打で貴重な先制点を生み出した。

 チームは大型連敗中ではあるものの、先制するのは3試合連続だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース