DeNA石田、463日ぶり先発勝利!ロペス日米通算400二塁打 中日は平田&アルモンテ弾で猛追も…

[ 2019年7月20日 21:06 ]

セ・リーグ   DeNA4―3中日 ( 2019年7月20日    横浜 )

DeNA先発の石田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは20日、変則4連戦の中日戦に4―3で粘り勝ち。勝率5割に戻し、一時は2位に並ばれた3位中日とのゲーム差を2に広げた

 18年10月7日広島戦以来1年ぶりの先発マウンドに上がった石田が、5回2安打1失点8奪三振。今季中継ぎで23試合に登板し、防御率1.82の好成績を残している左腕が先発でも好投を見せ、18年4月13日の中日戦以来463日ぶりの先発勝利を手にした。

 打線が序盤に援護をもたらした。3回、2死一塁から1番・大和が左前打で出塁し、続く筒香が四球を選び満塁に。この絶好機で迎えた3番・ソトが適時二塁打を放ち、2点を先制した。なおも二、三塁で続く4番・ロペスが適時打を放ちさらに2点を追加。4-0と突き放した。ロペスは6回に日米通算400二塁打を達成するなど、打線を活気付けた。

 直後の攻撃で中日1番・平田に一発を浴び1点を返され、8回にも4番手で登板したパットンが中日・アルモンテに2ランを被弾。1点差に迫られが、序盤のリードを守り抜いた。

 中日は先発・山井が4回5安打4失点で今季4敗目。DeNAは今季3勝中2勝を挙げている“お得意様”だったが、粘り切れなかった。打線は4回、平田が史上294人目となる通算100本塁打を達成。今季7号ソロで1点を返し、8回にもアルモンテの今季4号2ランで1点差に追い上げたが、あと1点及ばず連日の1点差惜敗を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース