ヤクルト継投策裏目…小川8回に崩れた 指揮官「少しひっぱりすぎたかな」

[ 2019年7月20日 22:09 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4阪神 ( 2019年7月20日    甲子園 )

<神・ヤ>8回1死一、三塁、同点とされてさらにピンチを広げ、降板となる小川(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは、サヨナラ負けで阪神戦は1分けを挟んで5連敗となった。結果的には投手交代のタイミングが勝敗を分けることになった。先発の小川は7回を終え、109球。小川監督は「いい投球をしていた。少しひっぱりすぎたかな」と継投ミスに言及した。

 小川は7回は回をまたいだ4者連続三振と完璧な投球だった。尻上がりに調子を上げる右腕に8回のマウンドも託したが、1死二塁で糸原に同点の中前打。続く糸井にも左前打を浴び、1死一、三塁のピンチを招いての降板となってしまった。

 代わった近藤も勝ち越し打を許し、9回にはハフもサヨナラ打を喫した。結果的には8回の投手起用が勝負の分かれ目となった。阪神とはロースコアの接戦が多い。指揮官は「こういう展開が多い。とにかく明日、頑張るしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース