大谷、9回に代打で三振、トラウトDH復帰で12戦ぶりベンチスタート

[ 2019年7月20日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―6アストロズ ( 2019年7月18日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロズ>9回、代打で空振り三振に倒れる大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷は右ふくらはぎの張りで3試合欠場していたトラウトがDHで復帰したため、12試合ぶりにベンチスタート。4点を追う9回2死三塁で代打起用されたが、抑えのオズナの前に空振り三振に倒れて最後の打者となった。

 メジャー自己最長だった連続試合出塁は13で止まった。チームは後半戦5連勝発進したが、これで2連敗で貯金2に後退。ブラッド・オースマス監督は「強い相手に、ミスを逃さずいい野球をやられた」と振り返った。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース