ロッテ、頭脳プレーも…打線ふるわず今季4度目4連敗

[ 2019年7月20日 18:05 ]

パ・リーグ   日本ハム4―0ロッテ ( 2019年7月20日    札幌ドーム )

<日・ロ>日本ハムに連敗した井口監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの頭脳プレーも勝利にはつながることはなかった。

 4点差の6回無死一塁。日本ハム・石井一のバントは小フライとなり、捕手・田村は捕球するふりをしつつ、ワンバウンドさせ併殺を狙った。

 一塁走者・渡辺は小フライでスタートを切っておらず、帰塁。ボールは田村から一塁カバーに入った中村奨へ転送され、中村奨は一塁ベースを踏まず、渡辺にタッチ。渡辺は一塁ベース上にいたものの、占有権は打者走者にあるため、アウト。その後、ベースを踏み、打者走者もアウトになった。

 追加点を与えることはなかったが、打線は散発5安打で今季4度目の零封負けと、4度目の4連敗を喫し、借金4にふくらんだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース