【東東京】修徳、2点差を逆転 村田が満塁の走者一掃V打

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会4回戦   修徳6―5錦城学園 ( 2019年7月19日    神宮 )

<修徳・錦城学園>満塁のチャンスに走者一掃の逆転打を放った修徳・村田(撮影・南 周平)
Photo By スポニチ

 修徳(東東京)は2点を追う7回、5番・村田が満塁走者一掃の右中間二塁打。錦城学園を6ー5で下し、5回戦進出を決めた。

 ヒーローは「苦しい展開だったが、チーム全員で我慢することができた」と笑顔。3回戦では昨夏代表校の二松学舎大付を破ったが「あくまで通過点。目標は日本一」と先を見据えた。荒井高志監督は「終盤に流れが来ると思っていた。うちは昔から逆転勝ちが多い。村田がよく打った」と称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース