ヤンキース 首位攻防戦で連勝 指揮官退場で選手奮起

[ 2019年7月20日 02:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース6―2レイズ(第1試合)、ヤンキース5―1レイズ(第2試合) ( 2019年7月18日    ニューヨーク )

<ヤンキース・レイズ>ダブルヘッダーで2連勝し、喜ぶヤンキースナイン(AP)
Photo By AP

 首位ヤンキースは2位レイズとのダブルヘッダーに連勝し、ゲーム差を8に広げた。

 チームに勢いをつけたのはアーロン・ブーン監督の猛抗議だ。第1試合の1点を追う2回。ガードナーが微妙な判定で見逃し三振を告げられると、指揮官は「うちの選手たちは凄いやつらだ。しっかり判定しろ!」と球審に詰め寄り退場となった。これに選手たちは奮い立ち逆転勝利すると、第2試合も連勝。主砲ジャッジは「彼は一緒に戦ってくれる人だ」と感謝していた。(ニューヨーク・杉浦大介通信員)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース