巨人・今村 5回零封も…6回痛恨の同点被弾「悔いの残る1球になった」

[ 2019年7月20日 21:38 ]

セ・リーグ   巨人2―4広島 ( 2019年7月20日    マツダ )

<広・巨>6回2死一塁、バティスタに同点2ランを浴びた今村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の先発・今村は7回4安打2失点と役割を果たした。だが、5回まで無失点に抑えていただけに、6回2死一塁からバティスタに浴びた同点2ランが痛かった。

 142キロ直球をバックスクリーン左に運ばれた。「あの1球が悔いの残る1球になった。勝たないと意味がないと思うので、次は勝てるように頑張ります」。次戦でリベンジする。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース