【千葉】無念5失点…専大松戸・横山「高めに浮く球」修正できず

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会4回戦   専大松戸1―5八千代松陰 ( 2019年7月19日    ZOZOマリン )

<八千代松陰・専大松戸>6回0/3を5失点と崩れたプロ注目・横山
Photo By スポニチ

 6回0/3を5安打5失点と崩れた専大松戸(千葉)横山は「今日は高めに浮く球が多かった。それを最後まで修正できなかった。途中からは低め低めを意識して投げられることもあったが、グラウンド整備で集中が切れてしまった」と肩を落とした。

 2本塁打されたのも、いずれも高めに抜けた球。加えて、「“初回”“初球”というように、最初をチームとして大事にしてきたが、自分だけできていなかった」と初回先頭打者への被弾を猛省した。注目される今後については「監督と話し合って決めていこうと思う」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース