【埼玉】昨夏代表浦和学院敗れる Aシードの浦和実・豆田の前にわずか2安打で零敗

[ 2019年7月20日 19:04 ]

第101回全国高校野球選手権埼玉大会4回戦   浦和実2―0浦和学院 ( 2019年7月20日    県営大宮 )

 昨夏代表の浦和学院がAシードの浦和実に敗れ、2年連続の甲子園出場は果たせなかった。

 先発した相手の背番号20の右腕・豆田は今春関東大会出場に貢献した主戦級。攻略しきれず零敗を喫し、森士監督は「終始打てなかった。これだけ打てないと手の施しようがない。相手の気迫にねじ伏せられた。力負け」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース