ストラスバーグ、大谷ばり二刀流 3安打5打点&6回3失点12勝目に大興奮「クレイジーな試合」

[ 2019年7月20日 02:30 ]

ナ・リーグ   ナショナルズ13―4ブレーブス ( 2019年7月18日    アトランタ )

<ブレーブス・ナショナルズ>投打で大活躍したストラスバーグ(AP)
Photo By AP

 ナショナルズの剛腕ストラスバーグが投打に大活躍した。3回に先頭打者で中前打で出塁すると打線が爆発。2死二、三塁で再び打順が回ると、左翼席に今季初本塁打の3ランを叩き込み、一挙8得点のビッグイニングにつなげた。

 5回にも2点適時打を放ち、3安打で投手の5打点は球団記録。投げては6回途中3失点で今季12勝目を挙げた30歳は「なんてクレージーな試合なんだ」と大興奮だった。 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月20日のニュース