【千葉】八千代松陰3年ぶり16強 強豪・専大松戸を撃破

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会4回戦   八千代松陰5―1専大松戸 ( 2019年7月19日    ZOZOマリン )

<八千代松陰・専大松戸>7回に追加点を挙げ喜ぶ八千代松陰ナイン
Photo By スポニチ

 チームリーダーの一振りが、八千代松陰(千葉)のジャイアント・キリングを大きく手繰り寄せた。1―0で迎えた3回2死。4番で主将の大竹が専大松戸のプロ注目右腕・横山の直球をフルスイング。打球はバックスクリーンに飛び込み、ZOZOマリンはこの日2度目のどよめきに包まれた。

 「打った感触は今までで一番良かった。4番で主将という責任感を持って打席に立ったことが、良い結果につながったと思う」

 最初のどよめきは、プレーボール直後だ。初回、先頭の長岡が1ストライクからの2球目を右中間席に先頭打者アーチ。Aシードの専大松戸に痛烈な先制パンチをかました。

 左打者の大竹は、これが高校通算8本目の本塁打と大砲タイプではないが、チーム全体で施した横山対策が実った。ポイントは速い球に目を慣らすこと、狙い球を絞ること、の2点。「相手の思うツボにハマらないように狙い球を絞って、直球を重点的に練習してきた」と胸を張った。

 Aシードの強豪相手にも臆することはなかった。試合前には「今までやってきたことを出しきろう」と声を掛け合ったといい、「ベンチ入りメンバーだけでなく、スタンドも命を懸けて戦うことを掲げている」と一丸を強調。2本塁打で主導権を握り、守備も1失策と安定していた。

 過去2年はいずれも初戦敗退で、3年ぶりの16強に進出。今夏の目標はベスト4だが、今後へ勢いづく勝利となった。「切り替えて、しっかり対策を立て、自分たちがやるべきことをやって、上に行けるように頑張りたい」。その先には、98年以来21年ぶりの甲子園も視野に入ってくる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース