日本ハム 投打かみ合い5連勝!浦野が6回無失点で今季3勝目

[ 2019年7月20日 16:50 ]

パ・リーグ   日本ハム4―0ロッテ ( 2019年7月20日    札幌D )

<日・ロ16>6回2死二塁、鈴木を一ゴロに打ち取り宇佐見とタッチを交わした浦野(左)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは投打がかみ合い、4―0でロッテを下して5連勝。先発の浦野が6回無失点の好投で今季3勝目(1敗)を挙げた。

 0―0の4回、1死一、二塁と好機の場面で5番・渡辺が中堅へ飛球を放つと、これが適時二塁打となり均衡を破って先制。その後も6番・石井の犠飛や7番・宇佐見、9番・清宮の適時打で追加点を重ねた。

 先発の浦野は6回81球を投げて2安打無失点1四球7奪三振と相手を引き寄せなかった。後を受けた救援陣は井口、公文、秋吉と継投し、零封リレーでリードを守った。

 ロッテは先発の佐々木が4回4失点と粘ることができず、打線も日本ハム投手陣を前に無得点に終わって完敗。4連敗で借金も4となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース