【千葉】4連覇へ…木更津総合圧勝 吉鶴が要所締め7回零封「持ち味出せた」

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会4回戦   木更津総合10―0検見川(7回コールド) ( 2019年7月19日    袖ケ浦市営 )

<検見川・木更津総合>安定したピッチングを見せた木更津総合・吉鶴
Photo By スポニチ

 木更津総合(千葉)が地力の差を見せつけた。10―0で検見川に7回コールド勝ち。今大会初先発だった左腕・吉鶴はボール先行の苦しい展開ながら要所を締め、勝利に導いた。

 五島卓道監督は、吉鶴の起用を「相手に左打者が多かったので」と説明し「ボールが多かったが、これで落ち着くでしょう」とねぎらった。本人は「自分はピンチに強い。ボール先行になる課題も出たが、持ち味も出せた」と自己分析。篠木や根本の温存にも成功し、4連覇に向けて着実に駒を進めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース