阪神 終盤8回に同点に追い付く!キャプテン糸原が中前タイムリー

[ 2019年7月20日 20:39 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年7月20日    甲子園 )

<神・ヤ>8回1死二塁、糸原は中前に同点適時打を放つ(投手・小川)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が1点を追う終盤8回に同点とした。

 1死から1番近本が左翼への二塁打で出塁すると、糸原が還した。1ストライクからの2球目、真ん中低めカットボールを中前に弾き返して近本が同点のホームイン。ヤクルト先発・小川から、2回以来の得点を叩きだし、同点に追い付いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース