【千葉】市原中央が初の5回戦進出 伊藤2安打初完投 先制打の稲川主将「頼もしかった」

[ 2019年7月20日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会4回戦   市原中央6―1柏陵 ( 2019年7月19日    袖ケ浦市営 )

<市原中央・柏陵>完投で柏陵を破った市原中央・伊藤(撮影・赤尾真明)
Photo By スポニチ

 市原中央(千葉)が柏陵を6―1で下し、初の5回戦進出を決めた。初回に主将・稲川の左適時打で先制すると、その後は、スクイズなど小技を絡め、得点を重ねた。

 先発・伊藤は9奪三振、被安打2で、公式戦初完投。稲川は伊藤について「勇気づけられた。素晴らしかったし、頼もしかった」と賛辞を並べ、「ベスト4を目標にやってきた。自分たちの守り勝つ野球をして、必ずベスト4に行きます」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース