広島・遠藤 安定感キラリ7回2失点も反省…「変化球が届かなかった。終盤の精度を修正したい」

[ 2023年3月22日 06:00 ]

オープン戦   広島1―2ロッテ ( 2023年3月21日    ZOZOマリン )

<ロ・広>遠藤は7回まで2失点に抑える(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 安定感がキラリと光る。広島・遠藤は今春最長の7回を投げて4安打2失点。ボール先行から先頭山口に左翼線二塁打を許し、勝ち越し点を与えた7回を反省点に挙げ「久々に7回を投げたので変化球が届かなかった。終盤の精度を修正したい」と開幕を見据えた。5回の失点が対外5試合20イニング目の初失点で、防御率1・20。4月5日の阪神戦先発が濃厚な23歳に、新井監督は「今日もナイスピッチング」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年3月22日のニュース