Honda、自慢の強打沈黙…2年連続初戦敗退 岡崎監督、相手投手に脱帽「術中にはまった」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第3日 2回戦   Honda2-5三菱自動車岡崎 ( 2019年7月15日    東京D )

Honda先発の東野(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 Hondaは自慢の強打が封じ込まれ、2年連続の初戦敗退となった。「打線は仲井君の術中にはまった。(決め球の)チェンジアップをどう攻略するか対策を練ったつもりだったけど…」。岡野勝俊監督は裏をかかれ、高めの直球に差し込まれた打線を嘆いた。

 8回に零封を免れる右前2点打を放った4番・山本瑛は「ランナーを還すのが4番の仕事ですから。でも他(の打席)は打てなかった」とうなだれた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース