阪神 松坂から先制点!近本中前打で口火

[ 2019年7月16日 18:33 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月16日    ナゴヤD )

<中・神>初回無死、近本(左)にに中前打を打たれた松坂(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神が今季初登板の中日・松坂から鮮やかな速攻で先制点を奪った。先頭の近本が4球目を中前打。続く糸原の初球にすかさず二盗を決めると、糸原も右前打で続き無死一、三塁。3番・糸井の中堅への浅めの飛球で、近本が快足を飛ばして本塁を陥れた。

 松坂との対戦の前には「本当に偉大な投手。しっかり勝負を楽しみたいと思います」と話していた近本。売り出し中のルーキーの躍動で、レジェンドからまずは1点をもぎとった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース