【神奈川】東海大相模、4年ぶり甲子園へ 1年・石田が3回0封

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 神奈川大会2回戦   東海大相模10-0相模原中教校 ( 2019年7月15日    保土ケ谷 )

6回、三者凡退に抑える石田
Photo By スポニチ

 東海大相模の1年生・石田が3回無安打無失点。今春関東大会の浦和実戦で公式戦デビューした最速138キロ左腕が、夏の公式戦初戦でも躍動した。4回から登板し、許した走者は5回の四球だけ。「(捕手の)井上さんがうまくリードしてくれた」と女房役の先輩に感謝した。門馬敬治監督からは短いイニングでの登板を期待されているが、「勝ちにつながる投球をしたい」と意欲は十分だ。

 打線も11安打と好調だ。しかし、門馬監督は「緊張しない試合などない」と不安を拭えない表情。「休まずに歩を進めていく」と次戦への意気込みを語った。前回夏の甲子園に出場した15年は小笠原慎之介(現中日)、吉田凌(現オリックス)らを擁し全国制覇。期待の新戦力が4年ぶりの甲子園出場へチームを支える。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース