【千葉】習志野、貫禄の圧勝劇 8回コールドで初戦突破

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会2回戦   習志野7ー0安房 ( 2019年7月15日    ZOZOマリン )

3回1死二、三塁、角田のスクイズsw生還する習志野・根本 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 今春センバツの準優勝校の習志野が7―0の8回コールドで安房を下し、快勝発進した。0―0の3回1死二塁で1番・根本がセーフティーバント。相手守備の乱れを誘い、先制点をもぎとった。

 センバツでは死球で右足を負傷しながらも決勝進出に貢献し、習志野野球に不可欠な男。「(セーフティーは)自分の判断。少しでもチームに貢献できればという思いだった」と振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース