【西東京】東海大菅生、2年生左腕・新倉が起用応えた4回1安打零封

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 西東京大会3回戦   東海大菅生13-0都小平南 ( 2019年7月15日    ダイワ八王子 )

4回1安打無失点と好投した東海大菅生新倉
Photo By スポニチ

 東海大菅生が優勝候補の実力を示し、5回コールドで小平南を下した。背番号10の2年生左腕・新倉は4回を1安打無失点。U18代表1次候補でもあるエース・中村を温存し「大会を通して中村さんは隠しながら戦いたい。後半に万全な状態で戦えるように」と、最速135キロの直球を軸に役割を務めた。

 打線も8安打に加えて10四死球を選ぶなど、2年ぶりの聖地へ好発進だ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース