【石川】最速153キロ腕、星稜・奥川は登板せず 2安打で初戦突破貢献

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 石川大会2回戦   星稜10-0七尾東雲 ( 2019年7月15日 )

初回1死、三塁打を放つ星稜・奥川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 最速153キロを誇る石川星稜の奥川は「5番・右翼」でフル出場。当初から七尾東雲戦での登板予定はなく、4打数2安打1打点で初戦突破に貢献した。4季連続の甲子園出場に向け、「力んで詰まった当たりも多かった」と苦笑いしたが初回は右中間三塁打、6回は適時二塁打と長打力を見せた。

 代わりに登板した荻原と寺沢がともに3回を6奪三振。今春センバツの習志野戦でのサイン盗み疑惑を抗議した騒動に端を発し、指導を自粛していた林和成監督は「初心に帰った気持ちでやらせてもらいました」と復帰戦を振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース