オリックス・山岡 球宴から中2日も「いけると思ってた」 “新女房役”と2戦連続無失点で7勝目

[ 2019年7月16日 21:33 ]

パ・リーグ   オリックス1―0楽天 ( 2019年7月16日    大阪ドーム )

<オ・楽>お立ち台でアグレッシブポーズの山岡(左)とディクソン(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの山岡が8回4安打無失点の好投で7勝目。オールスターから中2日での登板も疲れを感じさせず「中2日でもいけるかなと思ってましたけど、則本昂さんがいいピッチングをしていたので負けないように投げました」と7回1安打1失点と好投した相手エースを意識したことが120球の熱投を呼んだ。

 これで中日からトレード移籍した松井雅捕手とのコンビでは2試合連続無失点。「序盤はちょっとランナーを出しながら球数も増えましたけど松井雅さんにしっかりリードしてもらったので、何とかゼロでいくことが出来ました」と“新女房役”に感謝。

 後半戦白星発進となり「これから順位をひとつずつ上げていって(ファンの)皆さんがもっと楽しんでもらえるように投げていきますので応援よろしくお願いします」と更なる活躍を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース