阪神、自力V消滅背水…ジョンソンまさかの来日初1イニング2失点 4連敗で借金3

[ 2019年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-4中日 ( 2019年7月15日    ナゴヤD )

8回、アルモンテに勝ち越し適時二塁打を打たれたジョンソン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 15日の中日戦はまさかの展開になった。同点の8回に、阪神・矢野監督はジョンソンを投入。自慢の救援陣でディフェンスを固め、競り勝つイメージを描いていたが、想定外の結末が待っていた。

 「これも野球だよね。2アウト2ストライクというね。2アウトを取ってからでしょう。いつも野球は2アウトからホッとしたらアカンよとか言うけど。やられることはあるけど、それは減らしていかないとあかん」

 2死後、大島に左前打された。ジョンソンにとって、これが打者20人目で中日戦初被安打だった。続くアルモンテにも速球を右中間に二塁打されて決勝点となった。

 「これも野球。こういうことも起こり得る。体自体はむしろ良かったと思っている」

 さらにビシエドにも左中間二塁打されて2点目。得意のナックルカーブを仕留められたのだから、自身は「体の調子は良かった」といっても首をひねらざるを得ない。この日、打者5人に22球だが、カーブはわずか7球で、ストレート15球とのバランスはいつもとは違っていた。イニング途中での降板も、「2失点」も来日初の屈辱を味わって、8日の巨人戦に続く登板2試合連続の2敗目…。絶対的な中継ぎエースは結果が伴わなかったことに、説明も言い訳もしなかった。

 それでも、ここまでの貢献度を考慮して、矢野監督は助っ人右腕をかばった。「もちろんちょっと甘く入ったのを打たれたのはあると思う。そんなん言い出したらキリがないからね。しゃあないよね、ジョンソンでやられるのは」

 とはいえ、チームにとってダメージの大きい敗戦だ。後半戦初戦での黒星で、巻き返しどころか現実的な数字が迫る。4月28日以来の借金3で、順位こそ2位だが、首位の巨人とは今季最大の10・5ゲーム差に広がった。16日の勝敗しだいでは自力優勝の可能性が消滅する。

 「切り替えてあした以降また頑張りたい」。奇跡を起こすには、やはりジョンソンの力が欠かせない。土俵際まで追いやられたが、まだ誰も諦めてはいない。(山本 浩之)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース