【大阪】東海大大阪仰星、V候補さすが「59―0」大勝

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会2回戦   東海大大阪仰星59-0開明=5回コールド ( 2019年7月15日    花園 )

 春季大会3位の優勝候補・東海大大阪仰星が59―0の大勝。計30安打を集め相手の15失策にもつけ込んだ。

 01年夏の2回戦で大阪桐蔭が、柴島から挙げた大阪大会の最多記録に並んだ。大阪府高野連の伊原登理事長は「過去の記録に限りがあるので、こちらとしては答えようがない」と話すにとどめるほどの猛爆ぶりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース