阪神 糸井が同点二塁打!松坂の初球を強振

[ 2019年7月16日 19:06 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月16日    ナゴヤD )

<中・神>3回表2死一、二塁、糸井は松坂(左)から同点となる右越え適時二塁打を放ち、一塁にダッシュする(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神が頼れるベテランの一打で試合を振り出しに戻した。1―2の3回2死一、二塁、糸井が松坂の初球のチェンジアップを強振。右翼線への適時二塁打で二塁走者の近本を本塁へ迎え入れた。

 5番に定着していたマルテが15日の試合で左膝を痛め、チームドクターの診察を受けるためにこの日に一時離脱。福留も2軍調整中の中、百戦錬磨の37歳が存在感を見せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース