DeNA筒香、人生初2番で3出塁 ラミ監督「今年一番状態がいい」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―8広島 ( 2019年7月15日    横浜 )

5回2死、二塁内野安打を放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「2番・レフト、筒香」のアナウンスに、横浜スタジアムがどよめいた。人生初という2番に座ったDeNA・筒香。3回1死満塁の第2打席では押し出し四球を選び、5回2死からは二塁・菊池涼のグラブをはじく安打で出塁。9回2死から四球を選んで3出塁に「打順は気にしていないし、意識も変えていません。四球の内容も全然違うし、打撃の状態は凄く良い」とうなずいた。ラミレス監督も「今年一番状態がいい。こういう形で打席に入っていればすぐに打ちだす」と変わらぬ信頼を口にした。

 筒香の後ろに座った3番ソトも2安打1四球。8安打5得点の新打線は勝利にはつながらなかったが、指揮官は「今日は逆転できなかったが、明日は明日」と切り替えを強調した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース