巨人・岡本、お目覚め一発!6月23日以来13試合ぶりの先制16号2ラン

[ 2019年7月16日 18:24 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年7月16日    神宮 )

初回2死一塁、岡本は先制2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が初回に13試合ぶりの一発を放った。

 初回2死一塁で第1打席を迎えた岡本。カウント2―0からヤクルト先発・高梨の直球をセンター方向へ弾き返すと、バックスクリーン右に飛び込む先制の16号2ランとなった。

 岡本の本塁打は交流戦最終戦の6月23日ソフトバンク戦(東京D)以来。若き4番に久々の一発が飛び出し、5連勝を狙う巨人が先制に成功した。

▼甘く入ってきた球を一振りでしとめることができて良かったです。いい先制点になりました。雨が降らなくて良かった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース