【岩手】盛岡大付コールド発進 岡田が5打点

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会2回戦   盛岡大付11-0釜石 ( 2019年7月15日 )

3回2死二、三塁、2点適時三塁打を放つ盛岡大付・岡田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 春夏連続甲子園へ強打の盛岡大付の1番・岡田が躍動した。2、5回は適時二塁打、3回にも適時三塁打。計5打点で5回コールド勝ちに導いた。「初戦にいい勝ち方ができれば、全て波に乗れると思った」。

 今春は中軸を打ったが、今夏は1番打者。大阪出身で、今年センバツのときは、大正ボーイズ時代の2年先輩のDeNA・阪口から激励を受けた。この日のスタンドでは、おわんを頭に乗せたダンスでナインを後押しする応援もあった。再び甲子園へ、まずは夏の一歩を踏み出した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース