楽天・則本昂 1安打好投も白星つかず…リード許したまま7回1失点で降板

[ 2019年7月16日 20:22 ]

パ・リーグ   楽天―オリックス ( 2019年7月16日    大阪ドーム )

<オ・楽>1回、先制され、ガックリの則本(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今季2試合目の登板となった楽天先発の則本昂(1勝0敗)は7回1安打1失点と好投を見せるも0-1とリードを許したまま降板した。

 則本昂は初回、1死一、三塁から吉田正の中犠飛により失点。しかし2回以降は走者を一人も出さない完璧なピッチング。気迫のこもった投球で9奪三振の快投を見せたが、白星がつかない状況でマウンドを降りることになった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース