西武・秋山、歴代3位フルイニング679試合連続出場 2位まであと22試合

[ 2019年7月16日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―6ロッテ ( 2019年7月15日    メットライフD )

西武・秋山(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 西武・秋山が679試合連続フルイニング出場となり、衣笠祥雄(広島)を抜いて歴代単独3位となった。現在パ・リーグ記録を更新中で、あと22試合連続フルイニング出場すれば2位の三宅秀史(阪神)に並ぶ。

 しかし、1点を追う8回2死一、二塁で三振に倒れるなど5打数無安打3三振に終わり「こんなんなら、試合に出ない方がいい。ちょっと考えます」と悔しさをにじませた。チームは競り負け、勝率5割に再び戻った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース