ヤクルト五十嵐、痛恨の送球ミス「握り損ねて急いでしまった」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―7巨人 ( 2019年7月15日    長野 )

延長11回無死一塁、五十嵐の一塁への送球が悪送球に(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトはミスで後半戦初戦を落とした。延長11回に無死一塁から大城のバントを処理しようとした五十嵐が一塁へ悪送球。カバーに入った右翼の雄平も捕球に手間取り、勝ち越しの生還を許した。

 「握り損ねて急いでしまった。完全に僕のミス」と五十嵐。村上は4回の右前2点打で65打点とし、リーグ単独トップに立った。ただ、勝利にはつながらず「もっと上を目指せるように頑張ります」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース