【石川】日本航空石川、昨夏敗退糧に 重吉7回完封

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 石川大会2回戦   日本航空石川7ー0石川工 ( 2019年7月15日 )

 日本航空石川の最速148キロ右腕の重吉が、7回を1安打6奪三振で石川県工を完封した。昨夏は救援で2回3失点し、まさかの初戦敗退。「去年のことがあって緊張感はあったし、最後まで何が起こるか分からないと思っていた」。

 中村隆監督は「ストライクを先行させる自分の投球ができていた」と称えた。昨年の主砲で6月の全日本大学選手権で優勝した明大・上田も観戦。「優勝して甲子園に行って、いい経験をしてほしい」とエールを送った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース