ロッテ涌井&細川 西武時代以来9年ぶりの先発バッテリー

[ 2019年7月16日 17:29 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2019年7月16日    メットライフD )

 ロッテの涌井と細川が、実に9年ぶりに先発バッテリーを組んで出場する。

 6日の西武戦では試合途中からコンビを組んだが、スタメンはともに西武の一員だった10年9月18日のソフトバンク戦以来。かつての本拠地であるメットライフドームでは、同年9月11日のロッテ戦以来、3230日ぶりだ。

 試合前の練習から大粒の汗を流していた細川は「涌井がマウンドに立ってどういう状態か。それから(配球などを)考えたい」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース