オリックス、パの借金丸抱え…逆転負けで3年連続後半戦黒星スタート

[ 2019年7月16日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2ー6楽天 ( 2019年7月15日    京セラD )

4回、リードを守り切れず逆転を許した田嶋大樹は憮然とした表情でベンチに下がる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは後半戦開幕戦で痛い逆転負けをくらった。予告先発されていた楽天・塩見が腰の張りで登板回避。代役の菅原に対して2回に2点を先制するも、試合前まで防御率0・82だった先発の田嶋が乱調で、今季最短となる3回1/3を3失点で降板し、流れを失った。

 「(ここまで悪い田嶋は)初めてですね。球のキレ自体もどうかというところだが、一番はコントロール。前回から続いている」

 西村監督は、4回途中までに99球を要した田嶋に首をかしげた。失点こそ許さなかったが、初回には2四球などで2死満塁。2回にも1死一、三塁とリズムをつくれなかった。3回に同点に追いつかれ、4回には島内に勝ち越し適時打を許した直後、浅村の投ゴロを二塁悪送球して降板となり、田嶋は「きょうは話にならないの一言に尽きる。ただただ自分の力不足。きょうは全てにおいてダメだった」と猛省した。

 打線も2回に若月が投手強襲の適時打を放つなど攻め立てたが、3回以降立て直されて、菅原に先発初勝利を献上。指揮官は「何とかつないで点を取っていかないと」と肩を落とした。これで後半戦開幕戦は3年連続黒星となり、パ・リーグで唯一の借金球団に。きょう16日は16年から9連敗中の則本昂との対戦で、早くも山場を迎えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース