中日、助っ人コンビで5連勝!アル同点弾&V打にビシ4安打 Aクラス大接近ついに1差

[ 2019年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   中日4-2阪神 ( 2019年7月15日    ナゴヤD )

お立ち台でグータッチするアルモンテ(左)とビシエド(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 頼りになる助っ人コンビだ。中日のビシエド、アルモンテが15日の阪神戦で2人で全4打点を叩き出し、チームを5連勝に導いた。

 初回2死二塁からビシエドがガルシアの直球を左中間へ運ぶ先制の二塁打。昨季まで同僚だった左腕の出ばなをくじき「ガルシアは去年、ナゴヤドームで良い投球をしていた。とにかく打てる球をと考えていた」と胸を張った。

 1点を追う6回にはアルモンテが同点の右越え3号ソロ。初球の高め直球を完璧に捉え「しっかり捉えられた。ガルシアは3打席立って、どんな球種か球筋か分かったよ」と不敵に笑った。
 2―2の8回には2死一塁からアルモンテが左中間へ適時二塁打を放てば、ビシエドも右中間適時二塁打と二者連続タイムリーで2点を勝ち越し。竜のW助っ人でガルシア、ジョンソンと虎の助っ人2人を攻略し、与田監督も「終盤は見事な攻撃だった」と目尻を下げた。

 チームは後半戦初戦を白星で飾り、今季最長タイの5連勝。5位ながらついに2位の阪神、DeNAに1ゲーム差まで詰め寄った。2人そろって口にする言葉は「チームの勝利に貢献したい」。“ビシアル”が強竜を作り上げる。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース