三菱自動車岡崎、13年ぶり勝利 エース仲井138球熱投8回2失点「抑えられると思っていました」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第3日 2回戦   三菱自動車岡崎5―2Honda ( 2019年7月15日    東京D )

力投する三菱自動車岡崎先発の仲井(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 三菱自動車岡崎は06年以来、13年ぶりの本大会勝利となった。8回を2失点に抑えたエース仲井は気持ちよさそうに汗を拭った。「自分のピッチングをすれば抑えられると思っていました」と138球の力投を振り返った。

 投球の際にほとんどテークバックのないフォーム。2年前から先発を任され、9回を投げ切るため試行錯誤の中でたどり着いた。「1勝したのでもっと上の目標(優勝)に向かっていきます」と先を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース