【東東京】“都立の星3本柱”都雪谷、投手陣3本柱の継投策ズバリ「3人でエース」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会3回戦   都雪谷8-4成立学園 ( 2019年7月15日    神宮 )

 都雪谷の先発・大沢は初回、先頭打者にいきなり二塁打を浴びるも、連続三振などでピンチを脱した。芝浩晃監督も「ほれぼれした」と熱投を称えた。成立学園に対し、7回以降を継投した穂積、深田による「継投策」も見事だった。

 今大会の勝負手で、大沢も「3人でエース。次が勝負と声を掛け合った」と充実の表情を見せた。城東、国立と並んで都立による夏の甲子園出場は過去3校だけ。シード校として16年ぶりの聖地へ、3本柱が導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース