ソフトB大竹、今季初の初回失点で3敗目「自分の投球が全くできなかった」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―5日本ハム ( 2019年7月15日    ヤフオクD )

初回に4点を取られガックリとベンチの戻る大竹(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは先発の大竹が4回2/3を10安打5失点の乱調で3敗目を喫した。初回に先頭の西川から3連打を許すなど4失点。今季15試合目で初めて初回に失点し「初回から自分の投球が全くできなかった」とうなだれた。

 最近4試合連続で4失点以上となり「自分の投球ができない中でも、試合をつくらなければいけない」と肩を落とした。工藤監督は「(大竹は)修正して次につなげてくれれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース