【岩手】大船渡・佐々木、16日出陣 フィーバー必至!駐車スペース足りない!?

[ 2019年7月16日 05:30 ]

大船渡の佐々木朗希投手
Photo By スポニチ

 今秋ドラフトの超目玉で、注目の163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡が16日、岩手大会2回戦(対遠野緑峰)に登場する。会場の花巻球場は駐車場(通常1000台)を、球場周辺スペースも利用して「佐々木フィーバー」に対応する予定。ただ、大会が1日順延となって大船渡の初戦が休日(15日)から平日の16日にずれ込み、当初臨時駐車場に予定していた民間駐車場(約200台)が平日稼働のために使用できなくなった。

 このため16日の駐車スペースは増設分と合わせて約1500台分。この日も花巻球場は第1、2駐車場が第1試合の途中で満車となっていた。16日は大船渡の登場で、さらなる来場者が予想されることで、岩手県高野連関係者は「近隣に迷惑がかからないよう、指定の駐車スペース以外には駐車しないでいただきたい。来場はできる限り公共機関を利用してほしい」と呼びかけていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース