【大阪】大阪桐蔭・中田、夏連覇へ16K完投 柿木&横川先輩見て進化

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会2回戦   大阪桐蔭7-3東淀川 ( 2019年7月15日    花園 )

力投する大阪桐蔭先発・中田
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭が夏連覇に向け、中盤まで苦しみながらも最後は地力の違いを見せつけた。西谷浩一監督は「夏なので簡単には勝てないし、粘り強くやるしかない」と息をついた。

 先発・中田が3―1の4回に同点とされるも、自己最多の16奪三振で9回を投げ抜いた。直球は中学時代に143キロ。「日本一の高校でやりたい」と自信を胸に入学したが「(鼻を)へし折られました」と言う。1学年上の柿木(現日本ハム)、横川(現巨人)らを間近で見て実力を磨いてきた。「1番」を背負うが「練習試合でしっかり投げてきた結果。特別な思いはない」と表情を引き締める。

 春夏計8度の優勝を果たしたが、夏の連覇の経験はない。「そういう話ができるよう、しっかりと大阪を勝ちたい」と指揮官の言葉にも力がこもっていた。 (櫻井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース