阪神・近本、応援歌御礼マルチ!球宴主役の勢いキープで後半戦逆襲ゴング

[ 2019年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-4中日 ( 2019年7月15日    ナゴヤD )

6回無死、近本は中前打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 球宴の勢いそのままだ。15日の中日戦。同点の6回先頭、近本はカウント1―2からの大野雄の8球目スライダーを中前打。糸井の適時打では一時勝ち越しのホームを踏んだ。

 「いいボールが来ていたので(粘って)打てる球を待っていた。しっかりタイミングを取ることができた」

 同じく同点だった8回2死では初球を中前に運ぶと、続く糸原の打席で二盗を試みた。しかし、中日・木下の好送球で成功とはならならず「難しかった」と頭をかいた。それでも今季24度目となるマルチ安打。切り込み隊長として敗戦の中でも存在感を見せた。

 矢野監督も積極的な走塁を責めず、今後は研究された中での力の発揮に期待を込めた。「いいタイミングで走るというのがなかなか難しかったと思う。それも成長段階の1年目からね。もちろん期待はしてるし、勉強も必要なところ」

 13日の球宴第2戦では史上2人目のサイクル安打を達成してMVPに輝くなど躍動したが、後半戦でも「塁に出ることを考えていきたい」と自らの役割は理解している。

 さらに後押しするように、この日から近本専用のヒッティングマーチもお披露目された。1打席目は応援歌を待たずして初球で二ゴロに終わったため、3回の打席から披露となったが、「応援団の方々に作っていただいたので、自分がプレーで返せるようにやりたい」とファンへの感謝を忘れない。勝負の夏に向けて、さらなる上昇曲線を描いていく。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース