楽天・島内3安打3打点 塩見の登板回避に気付かず「2球目ぐらいで、あれ?右だなと」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―2オリックス ( 2019年7月15日    京セラD )

<オ・楽(16)>4回一死三塁、島内は勝ち越しの中前適時打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 楽天・島内が3安打3打点の活躍で菅原を援護した。4回に勝ち越しの中前適時打を放ち、8回にはダメ押しの2点三塁打。「菅原が打球が当たったのに頑張っていたので勝ちを付けられてよかった」。

 塩見の登板回避に気づいたのは、初回の守備に就いてからだったそうで「2球目ぐらいで、あれ?右(投手)だなと。何で塩見さんじゃないのかなと思った」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月16日のニュース